ピアノレッスンをして子供の感性を育てよう

勉強道具

福祉サービスのプロ

メンズ

より良いサービスのために

社会福祉士とは、1987年に誕生した国家資格であり、現代社会においては必要不可欠な資格であり存在であるといえます。働く側からすれば、その資格がなくともケースワーカーやソーシャルワーカーとして働くことはできますが、より高いスキルと意識を得るためには、取得しておくべき資格であるという傾向にあります。これは全国的にもその流れがあり、新潟県においても同様です。利用者やその家族側からすると、現代の競争社会、各業種のサービス環境の変化と進歩、同じようなサービスや施設が多くなっている中で、間違いのない安心できるサービスを受けるための相談役、パートナーとして利用する人が増えています。社会福祉士の資格が国家資格であることから、資格そのものの安心感だけでなく、人材・人格も備わっているだろうとの認識が新潟でも広がっています。また、社会福祉士のもつ専門的な福祉分野の知識も、利用目的となっています。

利用者とサービスの架け橋

社会福祉士と聞くと、高齢者や障害者への相談や支援をする人という認識があるのではないでしょうか。実はそれだけにとどまらず、新潟県においても様々な分野・関連機関との連絡・調整役となっているのです。例えば、子どもが抱える悩みや親御さん悩み、家庭の問題、仕事や病気に関する機関との連携、地域や災害後のかかわりなど、社会福祉士の職務内容は実に多岐に渡っています。特に新潟県は、自殺者数が全国的にみても多く、その前で食い止めるためにも、その役割が期待されています。社会福祉分野のプロである社会福祉士は、高い専門知識と技術により、各医療施設や関係施設との連絡や協力調整役として、大きな役割を担ってくれています。今後、更なる活躍の場として、教育・司法・労働の分野などが考えられています。ですから、今後福祉の分野で活躍したい人は、専門学校や大学に通って専門知識を学び資格を取得しなくてはいけません。