ピアノレッスンをして子供の感性を育てよう

勉強道具

言葉の専門家になるために

ウーマン

試験の前に必要なこと

人間がコミュニケーションをとるときに、「言葉」を用いることが多いです。幼い頃から慣れ親しんだ言葉は、自身の気持ちを表すときの便利なツールと言えるでしょう。しかし様々な理由から、うまく言葉を操れない人がいるのも事実です。こんな方々に専門家の立場からアドバイスをしたりリハビリをしたりするのが、言語聴覚士と呼ばれる人たちです。言語聴覚士になるためには、専門の学校に入り学習を進めた上で、国家試験に合格する必要があります。高校卒業後に都道府県知事が指定する言語聴覚士養成所に入り学ぶ方法や、一般の大学を卒業後に、専修学校に2年間通うという方法があります。高校時代までに「言語聴覚士になりたい」という目標を見定めている方は、前者が最短ルートとなり、大学在学中や社会人になってから目標を決めた方は、後者の方法をとることになります。

幅広い知識が必要だから

言語聴覚士の学校を利用する目的は、ずばり専門知識を身につけることです。言語聴覚士に必要とされる知識は、「音声」や「言語」に関わるものだけではありません。なぜ患者さんが言葉をうまく言葉を操れないのかを推察するため、肉体的トラブルや精神的トラブルについても知っておく必要があります。こうした知識は、「試験に合格したから」といって、確実に身についているとは限りません。だからこそ、言語聴覚士試験を受けるための条件として、専門の学校に通うことが義務付けられています。単に「試験に合格する」のではなく、言語聴覚士として活躍していくためには、生徒を手厚くサポートしてくれる学校で学ぶ必要があります。自身の利用目的に合った学校を探してみてください。